Certificate of Eligibility
在留資格認定証明書
居留资格认定证明书

海外にいるご家族を呼びたい場合や、外国人を日本に呼び寄せて雇用したい場合には、在留資格認定証明書の交付を受けるとスムーズな呼び寄せが可能です。

想让在海外的家属来到日本或想雇用外国人到日本的人士,通过提交居留资格认定证明书您的手续会变得快捷顺利。

鎌倉・横浜・名古屋で入管ビザ・帰化申請の無料診断トップ > 在留資格認定証明書

在留資格認定証明書とは?

日本に90日を超える長期間滞在したい(*90日以内の滞在は短期滞在ビザ)外国人ご本人、または外国人を受け入れる企業、日本に住むご家族、申請代理人(弁護士、行政書士等)などが、外国人が査証(ビザ)をスムーズに取得するために、日本国内で事前に在留資格認定証明書を申請します。

外国人ご本人が海外にある日本大使館・領事館で直接ビザを申請する方法もありますが、発給までに多くの時間と労力がかかります。この在留資格認定証明書を取得してから申請すればビザがスムーズに発給されるため、現在ではほとんどの方が在留資格認定証明書を利用しています。

在留資格認定証明書というのは、外国人が日本で行おうとする活動が上陸のための条件(在留資格該当性・上陸基準適合性)に適合しているかどうかについて法務大臣が事前に審査をした上で交付される証明書のことです。

*査証(ビザ)は日本入国(上陸)時に必要なもの、在留資格は上陸許可を受けて日本に入国した後、日本に滞在して活動できる根拠となるものです。

ただ、この在留資格のことも俗に「ビザ」と呼ばれるため、このホームページではわかりやすさを優先して在留資格もビザと呼んでいます。

この証明書を提示して外国にある日本大使館や領事館で査証(ビザ)の発給の申請を行えば、在留資格に関する上陸のための条件については法務大臣の事前審査が終了していると扱われるので、査証の発給はとてもスムーズです(数日から数週間程度)。

在留資格認定証明書を利用した入国の流れ

在留資格認定証明書の交付から日本に入国するまでの流れは以下のようになります。

日本で在留資格認定証明書交付申請→日本で在留資格認定証明書交付→在留資格認定証明書を外国にいる本人に送付→外国にいる本人が査証申請→査証発給→日本に入国

①在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書によって日本に入国する場合は、日本に来たい外国人ご本人、または外国人を受け入れる企業、日本に住むご家族、申請代理人(弁護士、行政書士等)などが、その外国人が住む予定の住所または受け入れ先企業等の所在地を管轄する地方入国管理局に、在留資格認定証明書の交付申請を行います。

②外国にいる本人に送付

審査の結果、地方入国管理局長から在留資格認定証明書が発行されると、その原本を本国にいる外国人本人に発送します。

③外国にいる本人が査証(ビザ)申請

本国で在留資格認定証明書を受け取った本人は、写真や申請書等とともに在留資格認定証明書の原本を持って日本大使館や領事館で査証(ビザ)の申請を行います。

④査証(ビザ)発給

事前審査は終わっているものとして扱われますので、通常は数日から数週間で査証(ビザ)が発給されます。

*日本で在留資格認定証明書が交付されても、必ず日本への入国が保障されるわけではありません。

在留資格の審査機関(入国管理局、法務省管轄)と査証(ビザ)の審査機関(海外にある日本大使館・領事館、外務省管轄)の判断の基準が違う場合があるため、在留資格認定証明書が交付されても査証が発給されないこともあります。あらかじめご了承ください。

⑤日本に入国

そして、希望する査証(ビザ)が添付されたパスポートを持って日本へ入国することになります。空港や港での上陸審査の際に、在留資格認定証明書を提示すれば、特別な事情がない限り在留資格認定証明書に記載されている在留資格が付与されて、日本に滞在できることになります。

*在留資格認定証明書は交付されてから3か月以内に日本に入国しないと失効してしまうので、交付後に早めに入国できるようスケジュールの調整をしましょうね。

在留資格認定証明書は日本国内での申請になります。そのため、外国人本人が短期滞在で来日して申請する場合をのぞいて、ほとんどの場合日本にいる受け入れ先企業や親族が申請準備をすることになります。

ただ、申請のためには数多くの必要書類が必要で、書類作成も複雑なため、お仕事やご家族のことで忙しい方が個人で全てこなすのは大変ですね。

在留資格認定でお悩みの方は弁護士と行政書士がチームとなった横浜・鎌倉の当事務所までご相談下さい

そんな時には、私たち弁護士×行政書士チームにお任せください!

私たちは法律と許認可のプロとして、外国人の方の在留資格認定証明書交付申請をスムーズに進めるサポートをいたします。

どう手続を進めればいいのか・・・とご不安な方でも大丈夫。お客様の現状をていねいにお伺いしたうえで、今後の進め方やご用意いただく資料などもわかりやすくご説明いたします。

初回は相談無料です!お気軽にどうぞ。

在留資格認定証明書Q&A

短期滞在で日本にいる外国人を採用したいのですが、ビザはどうすればいいですか?

短期滞在ビザで来日している外国人の方が就職活動をして、企業から内定をもらうケースも少なくありません。

短期滞在ビザで働くことはできませんので、基本的には一度帰国して、日本の受け入れ先に就労ビザで在留資格認定証明書交付申請をしてもらい、交付されたら母国の日本大使館・領事館に提出して査証(ビザ)を発給してもらい、再度来日することになります。

ただ、日本にいるままで就労ビザをとることはできないか、というお問い合わせも多いです。特に欧米、韓国、台湾などの査証免除国出身の外国人はノービザで短期滞在することが可能ですので、せっかく来日しているのにビザだけのために帰国したくない、という方が多いです。

その場合には、短期滞在で来日中に在留資格認定証明書交付申請をして、もし短期滞在ビザの在留期間中に許可されれば在留資格変更許可申請をするという例外的な方法もあります。

ただし、短期滞在からの在留資格変更許可申請は法律上は認められていないので、これはあくまで例外的な方法であって必ずできるわけではありません。また、短期滞在ビザの在留期間中に許可されない場合、たとえ在留資格認定証明書の交付申請をしていても出国しなければならず、在留期間が過ぎるとオーバーステイになるので注意が必要です。

続きを読む

※ 面談中など、お電話に対応できない場合がございます。その場合でもすぐに折り返しお電話いたしますのでご安心ください。
有时我们也许不能接听您的电话(例如正在面谈中),但会尽快给您回电,请您放心。

Office Information
事務所のご案内

鎌倉事務所

  • 弁護士と行政書士の執務室(鎌倉・横浜)
  • 入管ビザや帰化の申請手続きに関する相談の様子(鎌倉・横浜)
  • 鎌倉にある行政書士事務所の周辺の様子
  • 鎌倉の法律事務所周辺にある大通り商店街
  • 鎌倉の行政書士事務所が入居するビル
弁護士と行政書士の執務室(鎌倉・横浜)

住所・連絡先

湘南鎌倉国際法律事務所
湘南鎌倉行政書士事務所
神奈川県鎌倉市小町1-6-7
永田ビル3階
TEL 0467-38-8263

電話対応時間

平日 9:00 - 20:00

交通アクセス

JR・江ノ電「鎌倉駅」から徒歩2分

名古屋事務所

  • 名古屋で行政書士とビザの相談

住所・連絡先

名古屋栄国際法律事務所
名古屋栄行政書士事務所
愛知県名古屋市東区東桜1-10-29
パークサイドビル栄9階
TEL 052-253-8826

電話対応時間

平日 9:00 - 20:00

交通アクセス

地下鉄東山線・名城線「栄駅」から徒歩3分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」から徒歩3分
名鉄瀬戸線「栄町駅」から徒歩2分
セントラルパーク「7a」出口から徒歩0.5分

鎌倉・横浜・名古屋で弁護士と行政書士が運営する入管ビザ・法律相談サイト弁護士と行政書士がビザ申請や帰化について無料診断を致しますご予約・お問い合わせは0467-38-8263までご連絡下さいメールでのお問い合わせはこちら
鎌倉・横浜の弁護士と行政書士がビザ申請や帰化の無料診断を致します。名古屋も対応いたします。メールでのお問い合わせはこちらお電話でのご予約・お問い合わせは0467-38-8263まで

お近くの事務所へお電話ください


閉じる